編集ガイドライン

DiQtの英和辞書は、ユーザーの皆様の好意の編集によって成り立っており、どのような編集も歓迎いたします。
一方で、読みやすく洗練された辞書には、統一されたスタイルがあります。
DiQtの辞書でも編集スタイルを統一できれば、きっと素晴らしい辞書になることでしょう。
このガイドラインは、この英和辞書をより良い辞書にするためのスタイリングガイドです。
ぜひご協力いただければ幸いです。
 
 

単語の編集について

 

「主な意味」は短くする

単語の主な意味は、なるべく短く、主要な意味のみを記載するようにしてください。
利用頻度の低い意味などは、解説に記載しましょう。
また主な意味では、Markdown記法を利用せずに、通常のテキストで入力してください。
 

「品詞」をつける

単語の主な意味解説では、品詞をつけてください。
解説では、品詞にMarkdownのラベル記法を利用し、形容詞のように記述してください。
主な意味ではMarkdownは利用できないので、可算名詞なら【名/C】不加算名詞なら【名/U】形容詞なら【形】副詞なら【副】助詞なら【助】自動詞なら【動/自】他動詞なら【動/他】前置詞なら【前】接続詞なら【接】感嘆詞なら【感】と記述してください。

具体例: fine
 

解説に意味の例文を埋め込む

一つの単語が複数の意味を持つことがあります。
その場合、解説に意味ごとに例文を埋め込むと、辞書としてとてもわかりやすくなります。
例文の埋め込み方は、Markdownの例文の埋め込み記法を参考にしてください。
具体例として、 fineの解説を見てみましょう。
fineには、「立派な」という意味と「晴れた」という意味がありますが、この場合、以下のように意味の下に例文を埋め込むことで理解しやすくなっています。


形容詞 (物・事が)りっぱな,みごとな


He is a fine gentleman.


彼は立派な紳士です。


詳細

(天気が)晴れた,気持ちのよい


Will it be fine tomorrow?


明日は晴れるでしょうか。


詳細

 
 

例文の編集について

 

熟語や句動詞、定型表現に辞書リンクをつける

例文では、スペースに区切られたすべての単語に自動で辞書リンクがつきます。
しかし、英語の難しいところは、英熟語句動詞定型表現のような、単語ごとに意味が分かっても、全体の意味が推測できない表現が多いことです。
そのため、例文で英熟語や句動詞を見つけた場合には、それらに辞書リンクをつけてください。
たとえば、「for good」のような表現を見つけたら、for goodといったように辞書リンクをつけてください。
そうすることで、以下のように例文で利用される熟語が理解しやすくなります。


I'll remember this incident for good .


私はこの出来事を永久に忘れない。


詳細

 
 

最後に

遠慮せず、どんどん編集してください。
多少誤った編集をしてしまっても、他の人が正しく再編集すればいいだけの話なので、深刻に考える必要はありません。
そもそも「項目の削除」や「重複項目の追加」「項目名の変更」など、慎重さが必要な編集については、管理者の審査を挟む仕組みとなっているので、編集によって辞書を壊してしまう心配はいらないのです。

ぜひ一緒に素晴らしい英和辞書をつくりましょう!!

他にご不明点などあれば、DiQtコミュニティの英和辞書チャンネルまでお問い合わせください。

英和辞書

1件の審査中の編集
編集できるユーザー
  • 追加 - すべてのユーザー
  • 修正 - すべてのユーザー
  • 削除 - すべてのユーザー
投票による審査が必要な編集
  • 項目・例文の削除
  • 重複の恐れのある項目の追加
  • 項目名の変更
投票権を持つユーザー
  • ログインユーザー
決定に必要な得票数
  • 3票
編集ガイドライン

ログイン/新規登録

ログインすると、学習に役立つ便利な機能が使えるようになります!

  1. 自動で問題を復習できるようになります。
  2. 自動で学習記録をつけられるようになります。
  3. もっと楽しくなります。

このほかにも便利な機能がたくさん使えるようになります。

ぜひログインして確かめてください!

 

 

iOS/Androidアプリ
DiQt

DiQt

無料

★★★★★★★★★★